住宅を提供?ルームドナーとは

最近「ルームドナー」という言葉を耳にすることがあります。一般的にはまだなじみのない言葉ですので、ん?ドナー? だったら部屋を提供するのかなといったイメージはわくのですが、では何のためにとか、どういった制度なのといったことまでよく知られてはいません。

ルームドナーとは、震災で被災をされて自宅に住むことが困難になった方々に対して、自宅の一室や所有しているアパートやマンションなどの部屋を提供する人、もしくはそのためのマッチングサイトのことです。

東日本大震災や福島の原発事故のその後の状況が伝わるにつれて、被災された方々に自分たちも何かできることをしたいという全国のたくさんの人たちの気持ちは大きなものとなっていきました。

その一方で、自宅に住むことができなくなった被災者がいくら新生活をスタートさせたいと願っても、不動産会社を通して新居を探してもらうことは経済的に大変な負担となってしまいます。

この双方の気持ちが一致をして、いま大きな支援の輪が広がっているのです。